なのにブログ

詩、エッセー、すきなもの思ったことを書く

洋服

洋服っていうのは

ハンガーに飾られている時が

一番魅力的で美しい

 

私がそのワンピースを着たら…

と美しい自分の想像がこれでもかってくらい

膨らんですぐにでも欲しくなる

 

でも実際に着てみると

想像とは違って見えたりして

そのワンピースは一瞬にして色褪せる

 

お店の外から

飾られている洋服を見ることが

一番洋服の美しい姿なのではないかな

恋愛相談

恋愛相談ってなんて汚いのだろう

 

彼にこう言われて

彼女にこう言われて

 

そこにプライバシーなんて全くない

 

第三者に相談するくらいなら

相手に直接聞けばいいのに

それで解決するのに

 

自分の思うように相手を操ろうとするから

苦しいのであって

そんな君はわがままで

もう少し有意義な話ができないのか

 

そんなやつ全く魅力を感じない

幸福すぎて

私たちはやっぱり幸福すぎて

嫌う必要のない人を嫌ったり

殺す必要のない人を殺してしまう

 

あまりにも幸福すぎて

そこから見た不幸なんてちっぽけすぎて

ただそれは個人的な不幸なだけ

 

思い通りにならないこと程度の不幸

 

険悪する家

私たちはあいつが嫌いで

あいつは私たちが嫌い

 

憎悪でいっぱいなのに

顔を合わせているときは

ご機嫌仲良しのように振る舞う

 

そんなことをした先には

何もメリットはないのに

なぜそれをやめようとしないのか

 

打算にならない打算は馬鹿みたい

 

大人の事情とかって

ただ自分を守りたいだけ

ずるい言葉

 

でもずるくないと生きていけないのが

大人なのかもしれない

 

誰も守ってくれないのが

大人だから

愛は不潔

きみの贅肉のように

使い古した時間の中で存在する

愛は不潔だ

 

この世界はラブホテルではないのだから

汚い愛を拡散するな

 

その湿った感情は

あまり美しいものではない

伝わる想いと

ある人のことをふと懐かしんでいたら

夜に連絡がきたりする

 

3年ぶりに思い出して

3年ぶりのその日に連絡がくる

 

こういうのって絶対に

想いが届いているのだと思う

 

その逆も然り

ふとある人に2年ぶりに連絡をしたら

その人が今日私の夢を見たと言う

 

想いが届いたこれといった感覚はないけれど

何故だか私はそういう行動をとった

 

この世界にはまだまだ知らないことが

たくさんあって

目に見えるものはどんどん進んでいくけれど

目に見えないものは人類が誕生した時から

何も解明が進んでいないまま

 

もしも遠い未来で

想いが誰かに伝わるものだと解明されたら

テレパシー的なものが本当に存在するし

誰でも実は使えますよって人類が知ったら

 

私はきっと想いを届けまくる

 

メールとか電話みたいに

言葉を届けるのではなくて

想いを届けたいんだ

 

今、きみのことを

思い出してますっていう瞬間を。

 

冷やし中華はじめました。

冷やし中華はきみしかいない

 

ハムたまごきゅうりと麺

それを混ぜて混ぜて食べる

 

きみは何を想って

好んでそれを食べているのだろう

 

冷やし中華の具の中に

きみの想い出もそこに入っていて

ハムたまごきゅうりと麺が

混ざったその光景を

確かに過去にあったきみの目を通して見る

 

冷やし中華が好きだったね

 

冷やし中華の味は優しい夏の味