読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なのにブログ

詩、エッセー、すきなもの思ったことを書く

最後の答え

負け組と勝ち組ってある

私は自分は負け組だと思っていた

人生のどこで間違ったのか

どこでしくじったのか

そればかり考えていた

 

今勝ち組とされている人も

未来のどこかで間違ったり

しくじったりすれば忽ち

負け組の世界へようこそだ

 

家族や孫にどんなに愛されている

おじいちゃんでも

アクセルとブレーキを間違えると

最後の最後でどんでん返し

 

こんな最近のニュースを見ていても

みんなどこかでしくじっている

 

やっぱり最後の最後の寿命が尽きる時まで

結局自分は勝ち組なのか負け組なのか

分からないってことか

 

そういう人生に対する勝ち負けの価値観は

一体どこでいつ刷り込まれたのだろう